読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂 茂 ― 紙の建築と災害支援 (世田谷文化生活情報センター 生活工房)

展覧会 建築

坂茂氏は「紙管」やコンテナ等を利用した建築を数多く手掛けており、その技法を用いて災害支援を行っている建築家です。

f:id:gurinekosan:20151220110630j:plain

 展示では、阪神淡路大震災の時の《紙の教会》(1995年)をはじめとして海外活動も紹介されていますが、やはり記憶が生々しいのは東日本大震災

f:id:gurinekosan:20151220111707j:plain

再現された避難所の様子。

f:id:gurinekosan:20151220111754j:plain

これらのパーツを用いて、

f:id:gurinekosan:20151220112048j:plain

仕切りを設営していきます。

f:id:gurinekosan:20151220112044j:plain

仕切りの設営もノウハウやインフラがあればこそ迅速にできるというもの。

f:id:gurinekosan:20151220112007j:plain

こちらは《紙の簡易仕切りシステム》(2011年)の再現。

というか、会場自体がこのシステムで設営されています。

f:id:gurinekosan:20151220112225j:plain

災害支援活動マップ。世界中の被災者を紙が救う。

f:id:gurinekosan:20151220110356j:plain

このキービジュアルはニュージーランドクライストチャーチの《紙の大聖堂》(2013年)。

仕切りから住宅、教会と、フェーズに応じて様々なものが求められ、紙が遍在することになるのですね。