読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別冊映画秘宝 特撮秘宝 Vol.3

テレビ東京「新ウルトラマン列伝」枠で放送していた「ウルトラマンX(エックス)」(放送終了)が結構面白かったんですよ。

 で、はてなブックマークで偶然、YU@Kさん id:slinky_dog_s11 の記事を見つけて、

はてなブックマーク - 「別冊映画秘宝 特撮秘宝 vol.3」に「ウルトラマンネクサス」「ウルトラマンX」の作品解説を寄稿しました - YU@Kの不定期村

先日買って読んでました(YU@KさんのXとネクサス記事も読みましたよ)。

別冊映画秘宝特撮秘宝vol.3 (洋泉社mook)

別冊映画秘宝特撮秘宝vol.3 (洋泉社mook)

 

映画秘宝なので、特撮以外の映画史にも詳しい記事がありまして、

P180『画家たちが見た東宝真珠湾」』という、東宝が戦争中に製作した「ハワイ・マレー沖海戦」(1942)のエピソードに

 藤田嗣治はと云うと、見学会の後も1ヶ月もの間、撮影所に日参して真珠湾の大オープンセットをスケッチしており、それを基にして描かれたのが戦争絵画の大作『十二月八日の真珠湾』なのである。

 不勉強なので、あの作品が絵葉書風の呑気な遠景なのは、模索期だったのか程度の感想だったのですが、映画のミニチュアセットから描いたんかい!という少し驚きの事実。

東宝真珠湾セットはさぞ良くできていたんでしょうねー。