「作品のない展示室」(世田谷美術館)

 日本の美術館は、常設展示より企画展示の比重が高い傾向があり、特に海外からの作品借用を主に構成を企画した展覧会は、今年のダメージは相当なものだと思われます。こういう企画は最初にやったもの勝ち、みたいなところもありますが、英断でもありますよね。

f:id:gurinekosan:20200827104417j:plain

続きを読む

「幻想の銀河 山本 基×土屋仁応」(THE GINZA SPACE)

 床に塩で線を描くインスタレーション作品を制作する山本基氏と、仏教美術の技法を応用した動物の彫刻を制作する土屋仁応氏によるコラボレーション展示。

f:id:gurinekosan:20200823113834j:plain

続きを読む

「羽化する渋谷 ―渋谷駅135年の時系列模型から見る2020年」(昭和女子大学 光葉博物館)

 何かとダンジョン呼ばわりされる渋谷駅の縮尺模型が観られるということで行って参りました。

f:id:gurinekosan:20191027094806j:plain

続きを読む

建て壊してみるとそこは三角地帯だった

 最近、近所一帯が建て替えラッシュで、ここは再開発地帯か、とか、◯ープンハウ◯植民地か、とか色々感じることがあります(実際は◯東建託とか様々なハウスメーカーの名前を見かけるので、植民地というより草刈場っぽい)。

f:id:gurinekosan:20190702064214j:plain

こういう光景を見るとつい写真を撮ってしまう。

続きを読む

クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime (国立新美術館)

 好事家には機能不全メタボでお馴染み、中銀カプセルの黒川紀章先生設計の国立新美術館に初めて行って参りました。

f:id:gurinekosan:20190804152952j:plain

続きを読む

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの(東京国立近代美術館)

 「絵を描かない高畑の「演出」というポイントに注目」と企画展の意図に書かれているのですが、それが成功しているのかというと、何とも言い難いという感想です(冒頭で言ってしまうのもアレですが)。

f:id:gurinekosan:20190715105339j:plain

続きを読む

宮本隆司 いまだ見えざるところ(東京都写真美術館)

 チラシやWebサイトで事前に内容確認しなかったワイが悪かったんやで…

f:id:gurinekosan:20190630125915j:plain

続きを読む